住まいの勝手口は出入りしやすい便利なドアですが、防犯効果の高い鍵にしておくのが理想的です。

立地抜群!都内に住まいを持とう

住まいの勝手口のドアの注意点

玄関以外にも勝手口のドアがある一戸建て住宅では、勝手口の鍵にも注目しましょう。勝手口だからといって、簡易式の鍵で済ませてしまうと、防犯効果が弱くなってしまいます。
意外な盲点になりやすいのが中古住宅です。
中古住宅の中には、玄関の鍵が一つで、勝手口が簡易式の鍵になっているケースが多いので、そのままでは防犯効果が弱くて不安です。
そこで勝手口の鍵も、玄関扉に使用するタイプの鍵に交換してもらうと良いでしょう。中古住宅を購入する場合には、不動産会社に鍵の交換を申し出ると良いでしょう。住まいは、なるべくなら可能な限り、購入して入居する前に、変えられるものを変えておいてもらったほうが良いのです。
リフォーム工事による損傷というリスクを予防するためです。
時にはリフォーム工事で住宅が損傷してしまう事があるのですが、引渡し後は所有者や入居者の自己責任になります。


住宅を購入する時には、玄関だけではなく、勝手口の鍵にも注目しましょう。勝手口は住まいの意外な盲点になりやすいのです。
せっかく玄関を二重施錠にしていても、勝手口が簡易式の鍵になっていると、侵入者が入りやすいのです。
もともと勝手口は、入居者にとって使用しやすい出入り口ですから、鍵が簡易式になっているのは合理的ではあるのです。

しかし、防犯意識という点では、簡易式の鍵は、屋内専用にしておいた方が良いでしょう。屋外へと通じる出入り口のドアは、すべて防犯効果の高い鍵にしておいた方が、鍵の掛け忘れ防止にも、侵入者など第三者による侵入にも予防効果が得られます。

Copyright (C)2018立地抜群!都内に住まいを持とう.All rights reserved.