引き戸や開き戸など、住まいの玄関の雰囲気とマッチしていることがドアには必要です。洋風か和風で変わってきます。

立地抜群!都内に住まいを持とう

住まいのドアにも色々あります。

玄関のドアは、その家の建物によって大きく左右されます。
洋風建築の場合は、開き戸が一番多いはずですし、和風建築の場合は引き戸となるはずです。
我が家は引き戸を利用していますが、こちらの方が便利な気がしてなりません。引き戸の幅一杯の荷物を運び込むことが可能だからです。
開き戸だとほとんどの場合120センチの大きさが限界になるはずです。
これに対して引き戸は、引き戸二枚分のサイズまで荷物を運び入れることが可能であるからです。
よほど大きな荷物でもない限り、玄関から入らないと言う事はまず無いと言えるのです。
我が家でも2メーター以上の開口部が有ります。
すなわち、この大きさのモノまで入れることが可能だと言う事です。
もちろん、その分玄関の広さも工夫が行われるはずです。

開き戸の玄関の家は、玄関そのものがやはり小さいと思います。
我が家のように引き戸を利用している家の玄関はかなり広いところが多いと言えます。
開口部が2メーター以上あるのですから、それに繋がる入り口も広くなるのは当然だと考えます。
引き戸の場合は、ほとんどが90センチ幅なので、玄関もそれを基本に作られているように思うのです。
我が家のように広い玄関は無駄なスペースだと言えると思いますが、それでもこの入り口の広さが、何となく気持ちが良いのです。
やはり住まいはその家に住んでいる人間が気持ちよく住めるかどうかが一番だと思います。
そんな意味からすると、我が家は非常に快適な玄関だと思っています。

Copyright (C)2018立地抜群!都内に住まいを持とう.All rights reserved.